東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋の会とか

ブログの更新が随分空いてしまいました。夏バテ…ですかね。
お久しぶりです。Mです。

今回は九月を振り返りながらブログを書いていこうと思います。九月の第一週には秋の会がありました。OB主体の会ということで僕は冒頭で「胡蝶」の仕舞をやらせて頂きました。直前に少し詰めて練習したので不安はあったのですがなんとかこなすことが出来ました。OBの方にもいわれたのですが謡が不安定みたいです。自演会に向けて精進しなくてはいけません…。
会の後の懇親会では色々なOBの方のお話を伺うことが出来ましたし、名物OBの方もお会いできたので良かったです。余談ですが、懇親会終わりにsyさんがKさん宅に泊まったそうで。仲がいいですね!

すこし、最近の稽古の話もしたいと思います。今は自演会に向けて「合浦」の仕舞と地謡の謡に励んでいます。「合浦」は短いのですが半身の型が予想以上に難しく体に叩き込むしかないので上達には時間がかかりそうです。合浦は魚の精の舞なのですが、半身って魚はどうするんでしょうね。骨折れるんじゃ…。
地謡は自演会に向けてなので演目が今までで一番多いです。そして、どれも長い…。ツヨ吟の謡が二つほどあるのですが、息が続かなくてフルで歌い切ったことがありません。先輩にお聞きしたところ「慣れ」らしいのですが自演会までに間に合うでしょうか。頑張りたいと思います!

以上、Mでした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。