東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

卒業です

千歳です。
とうとう観世会を卒業してしまいました。
今までどうもありがとうございました。

ちょっとおそくなりましたが、
卒業直前のこと、振り返っておこうと思います。


19日に追いコンがあって、
追い出してもらいました。
ありがとうございました!
祥人先生も来てくださいました!

場所は去年と同じ、高田馬場のお店(お料理おいしい☆)で。
ちなみに今年観世会を卒業したのは4人です。

可愛い花束いただいて。
色紙も、とっても嬉しかったです。。
真ん中に、卒業生それぞれの
舞台の写真が貼ってあって、
私のは小鍛冶の後のでした。
小鍛冶


色んなこと話してたんですけど、
今度ある先生の石橋の小書のお話とか、道成寺とか、
箙のお話、囃子のこと、
そこからとんで放下僧のお話とか、してました。
いつものメンバーで楽しくお酒飲んで
ご飯食べて、ほんとに卒業しちゃうのかなぁ・・?
っていう気がしてました。
お別れとはいえ。
楽しくて、実はあんまり実感わかなかったです。


その二日後に
祥人先生に教えていただく最後のお稽古がありました。
私はもうしばらく舞台に出る予定はないので
稽古風景見納め・・見学のつもりで行ったのですが、
最後に何かやるかい?って
先生がお声かけてくださって。
もう一度、神戸で舞ってきた
放下僧小歌みていただきました(>_<)

心の準備ができてなくてびっくりして、
同時に
そうか、やっぱりこれでおしまいなんだ!
っていう思いが一気にこみあげてきました。

仕舞の最初に、
自分一人で「面白の花の都や」
って謡うんですけど。
涙出そうで、声が震えちゃってたと思います。
後輩の男の子三人が、しっかり地謡謡ってくれました。
先生は、お囃子あしらってくださいました。
そして、「こきりこ」のとこで、
追いコンの時にちょうどお話してた特別な手を
打ってくださって。
うわー!!って思いました。
なんとか舞い終わったものの、
テーブルのとこに戻ってからちょっと、
ぽろぽろ泣いてしまいました。

お稽古終わってから、
お昼ご飯に連れてってくださいました。
うどんのお店で、ちょっと面白いメニューが色々あるんです。
私はカルボナーラ風のをお願いしました。
(食べてびっくり、カルボナーラうどんておいしいです!
ぺペロンチーノみたいなのもありました。)
先生とみんなでおいしいたのしいごはん。。
それもおしまいだなんて!

でも、春から中心になる後輩達の
稽古の様子がみられた上に、
新入生の方が一人いらしてて。
これからの観世会どんな風になるかな、って
楽しみになりました☆

更に2日後の23日は、卒業式。
学部を卒業する4人で、安田講堂前で記念撮影しました。
女の子は振袖や袴を着てました。

そして2日後、25日。
最後の日曜日の稽古です。
いつもだったら
びしばし謡稽古したりするんですが、
もうのんびりと一日過ごして
そしてお好み焼きにいきました。
(おおいちゃんの記事参照)

31日、昨日ですね。
観世能楽堂に、石橋をみにいきました。
獅子が赤いのと白いのと登場するんですけど、
その赤い方が祥人先生なんです。
龍友会というお笛の素人会で、無料で入れます。
観世会関係の人って
ぞくぞく能楽堂の催しに集まってくるもので、
同級生や、OGの先輩や、他大の子に会えました。
わざわざ同窓会なんてしなくても
こういうとこにくれば今まで通り
すぐに会えちゃう気がします。

舞台は、もう!かっこいいの一言!
赤獅子ってどかんどかん飛んで回って激しいのに
完璧にこなしてる先生凄すぎます。
四年間祥人先生に教えていただけて
よかったなぁ・・とつくづく思いました。
ありがとうございました。

東大観世会に残る皆さん、
そしてこれから入る皆さん、
あなた方はほんとに幸せ者なので
心してお稽古に励んでください!(笑)


明日から私も会社でお仕事です。
今日はおうちにいて、
なんと「笑点」をみることができました。
毎週日曜はお稽古だったので、
みたのはずいぶん久しぶりです。


東大観世会が、これからも楽しい会でありますように☆

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

卒業&社会人生活スタート、おめでとうございます♪

今日はサークルオリがありました。観世会に新しい風が吹くように、新歓活動を頑張りたいと思います☆

かわ | URL | 2007-04-06(Fri)21:09 [編集]


遅ればせながら卒業おめでとうゴザイマス!

師匠稽古のとき、突然放下僧小歌の稽古が始まった時はびっくりしましたが、楽しんで?謡えました。

また遊びにきてやってくださいノシ

Hasegawa | URL | 2007-04-05(Thu)09:20 [編集]