東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自演会2017―学生能「花月」を振り返って

みなさまこんにちは。先日の自演会では学生能「花月」のシテを務めました、Kです。ブログ登場は久しぶりなので何を書こうか少し悩みつつですが、とりあえず元気にまいりたいと思います。

まずは会場に足を運んでくださった方々、そして少しでも気にかけてくださった方々、またいつもこのブログに目を通してくださっている方々、みなさまのお陰で今年も無事自演会を終えることができました。本当にありがとうございました!!

思えばウン年前、……と語り始めると長くなるのでここでは語りませんが、約半年の稽古期間は長いようで始まってみればあっという間でした。そのあっという間の稽古期間にも多くの気付きや学びがあり、次第に花月という曲や花月少年のことが親しく感じられるようになりました。

あっという間に感じられたのは本番中の時間も同様でして、「お幕」の合図をかけてからは息つく間もないほどの目まぐるしさで気付けば「嬉かりける」と留拍子を踏んでいました。鏡の間に戻ってきたときの解放感は格別で、ついさっきお調べを聞いていたときの緊張が嘘のようでした。

さて今回の能を無事終えてつくづく、私はよい先生方にめぐりあえたことだと感じています。当会を長年ご指導下さった関根祥六先生とは惜しくも今年2月に最後のお別れをいたしました。しかしながら、いつも熱意溢れるお稽古をして下さる高梨万里先生は私のように物覚えの悪い生徒にも根気強くご指導下さいましたし、関根祥丸先生は自演会に駆けつけて励ましの言葉をかけて下さいました。

また印象的だったのは、後見をして下さった関根知孝先生の「ご自分の番が来たときに、よく立派に務めることができましたね」というお言葉でした。あくまで私個人の解釈にすぎませんが、これは東大観世会・OB会という組織の中、あるいは何百年と続く能楽の歴史の中での、ちっぽけではあるけれども確かにここにある自分の役割について意識することを私に迫るものでした。

そんなこんなで当会で私にめぐってきた最大の役割は終わりましたので、あとは柏蔭舎のすみっこでゆるゆるとお稽古しながら後輩たちを陰ながらサポートすることとします。

それでは、今日はこのあたりで。

(K)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。