東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

はじめてのおはやし(第一話)

ぺっ、誰もこんな文章読んでねーよ、と巫山戯て書いていたら、意外とOBが読んでいることが発覚。しかも面が割れてしまった。きゃー。ということで今日は真面目にOBの人へのお知らせも兼ねて……なんと、一年生は全員お囃子を始めるようで。四人なので全種類!あべさんが太鼓、いけうち君は小鼓、坂本龍一はバンドではなく笛、たんげ君は大鼓だそうで(五十音順です、私の中でのランク付けではないので誤解のないよう)。というわけでわたくし、木曜日に小鼓の稽古に行って参りました。
小鼓の古賀先生は、高校の化学の先生がカツラを被ったら同じ顔。いつも巫山戯たウケ狙いの化学のレポート出してたのに、何故か得点が高かった。この甘さや、髪の無さによる威厳の無さが、生徒の反逆を招くのだ。稽古場で名乗ると、いきなり姓名判断された。曰く、「まじめだが、ねちねちしたところがある。潔癖性。他人に興味が無く、他人の不幸を何とも思わないところがある」。……。また、池内和彦の、内と和の画数を足すと12になる。曰く、「惜しかったね、13ならイイ男なんだけど、12だから心労が多いね」。池田和彦だったら今頃はジャニーズに入っていたとでも云いたいのだろうか?周りにいたお爺さん、お婆さんの名前は一人も覚えない癖に、姓名判断の結果だけ覚えているので、「ねちねち」や「他人に興味がない」は否定しにくいが……。お爺さん、お婆さんで思い出したが、小鼓の稽古は年齢層が相当高い。私の普段のパターンは、仮面ライダーやゴジラの映画(ハム太郎と同時上映)に行って平均年齢をしっかり上げるのだが、今回はっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっt、すみません、「t」のキーに汚れがこびりついていたのをはがしただけです。あー、別に潔癖性ってわけじゃないですよ。
というわけで、二文字目と三文字目を足して13画になる綽名を募集します。

次回予告
気付いた方もいらっしゃると思いますが、これは「はじめてのおはやし(第一話)」なので、続編(全四話)も他の一年生によって書かれることになるでしょう。たぶん。では来週をおたのしみに。ごきげんよう!

いきょうち(折角同一人物だとばれないように毎回苦労して一人称と文体を変えているのに、これでは意味がない……)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

前祥人先生もこのブログみたことあるっておっしゃってた気がする……。

千歳 | URL | 2007-09-18(Tue)01:42 [編集]


「鼓」というキーワードに引っ掛かって、K先生もこれを読んでるかも・・・なんてプレッシャーを与えておこう(笑)多分機械音痴だから大丈夫だけど。

一年生のみなさん、ブログを書くためにも早めに稽古場に行きましょうネ。

N | URL | 2007-09-17(Mon)22:01 [編集]


いきょうちさん文章にねつがこもってるね。ぼくもそのうち続編をかきます。

sakamoto | URL | 2007-09-17(Mon)18:51 [編集]


この文章のどこがOBの方々を意識した、戯けていない文章なのだろうか。

もえは | URL | 2007-09-17(Mon)12:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。