東大観世の日々

能楽サークルって何をやっているのでしょう

小さい声。こもった声。速い声。

こないだ会長に「かーくんと話す時って、何云ったか必ず一回は聞き返してる」と云われちまったぜ…。声が小さくこもっていてしかも速いと三拍子揃っているのだ。はた迷惑な話である。

しかぁし!

会長は会長で声がでかい!電車の中とかでくらだらない話をでっかい声で話してると恥ずかしいんだよーっ。と、ついつい他人のふりをしてしまう。
以下、聴いてて面白かった会話。

例1
五年ぐらい前。吉祥寺駅ホーム。焼き肉屋の宣伝用の巨大な豚の人形を見ていた子供と祖母。
子供「おばーちゃん、ぶたー!」
おばあちゃん「あれは牛よ」
子供「え……?」

例2
三ヶ月前。大江戸線。高校生健常男子二名の会話。
「おれさー、まだインフルエンザの予防接種うってないんだよね」
「え?マジで?」←注:長谷川さんではない。
「おまえは打ったの?」
「おれ?おれは中三の時打ったもん」
「え……」

例3
二年ぐらい前。満員電車。やくざっぽい感じの男と妻。妻の腕には赤ん坊。
赤ん坊、ぐずりはじめる。
男「ちっ、うるせーな。おい、ヤク飲ましとけ」
薬?周りが震撼した中、妻はバッグからヤクルトを取り出した。


大きい声で話すなら喧噪に疲れた都会の人々の心に残るようなあったかくてそれでいてほろ苦いちょっとイイ話がしてみたいものですな。

いきょうち
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ふん 悪かったな

みんなー 来週は舞囃子の前あたりに
「心温まるほろ苦い良い話」
とやらを稽古するよ

声の大きいあべ | URL | 2009-01-26(Mon)21:59 [編集]